記事一覧

2022年を無軌道に振り返る 個人的にはCaliber0100に大満足

2021年も残すところ僅かとなりました、という書き出しで2020年と同様に何か書こうと思って、実家への帰省先でブログシステムを開いて1年間を振り返っていました。
展示会は相変わらず「オンライン」と「実機(サンプル)だけ送ったローカルイベント」という形ですが、流石に状況に適合してきたのか、これはこれでアリでは?と思うような状態になりつつあります。

今年一番、印象に残ったものは?と聞かれると直近という事もありますが、4回のインタビューと1回の番外編という長編になったシチズンCaliber0100の開発者インタビュー((水晶振動子編、半導体・システム構成編、機械編、全体・総論編・私も買いました番外編)でしょうか。



バーゼルから個人的な会話という「アンオフィシャル」で色々伺っていた内容を公的なインタビューという形で「オフィシャル」の形で発表できる形にでき、2年越しの決着としてよかったと思います。
初代はタイミングの問題でご縁はありませんでしたが、今回和紙文字盤が登場し、ご縁があったのも相乗効果で良かったです。

「精神的ご先祖さま」のクオーツ クリストロン・メガが発表されたのはクオーツ腕時計が実現してからわずか5年足らずの1975年でしたが、ATカット+高周波の理論優位性は明らかながら、消費電力の大きさでメインストリームにはならず、2018年のCaliber 0100(非売品バージョン)で43年越しの悲願を達成、シチズンの「俺のやり方」ATカット高周波水晶振動子に温度補正とエコ・ドライブを組み合わせて前人未到の年差±1秒の精度と光がある限り動き続けるマイルストーン作品が完成した…という認識です。

「推測」という形で予想を好き勝手書いていることは多かったですが、公的なお話・技術的なディテールを伺うのもやはり興味深いので、今後もこの形式をやっていこうと思っています、現在「次」のインタビューは収録済み、この帰省中に文字起こしは終わるのか…?

同じくシチズンからは、クオーツのCaliber 0100と「どちらも」フラグシップとして作られた機械式のCaliber 0200が発表されました。
上記の記事内にもチラっと書きましたが、限定仕様として、COSCではなく、天文台のような精度をぎりぎりまで追い込んだ仕様を出してくれないかな…と期待しています。



マルコ・ラング本人とも親交が深いユーザーXのご厚意により「ラング&ハイネ」でマルコが「最後」に手掛けた作品と「マルコ・ラング」の「最初」の作品を並べて拝見することができました。

【関連記事】:https://zhaopo51709ak.wordpress.com

コメント一覧

時計が誇る職人 URL 2022年01月05日(水)20時32分 編集・削除

メゾンが誇る数々のタイムピースを生み出す、卓越した技術と熱い想い

結果が発表された URL 2022年01月05日(水)22時00分 編集・削除

「インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー」グランプリがロレックス、カルティエに決定

ど最新の組み合わせ URL 2022年01月06日(木)15時59分 編集・削除

海外セレブやモデルのスナップ写真も掲載。気になるセレブの愛用品をチェック

私が初めて買った腕時計 URL 2022年01月08日(土)16時06分 編集・削除

その時計を振り返ることで、私は昔の自分、そして今の自分を知ることができた。ロレックスすべての時計には、何かしらのストーリーがあるのではないだろうか。たとえそれが、自分以外の誰かにとっては何の意味もないものであっても。私はそう思っている。

堅苦しさはオサラバ 2023年11月29日(水)18時28分 編集・削除

スーツ必須で、接客が多い職場だと、いろいろと気を使います。全体に控えめなファッションのなかで、腕時計もやっぱり地味。でもそれで休日も過ごすなんて、御免こうむりたいもの。時計好きならやっぱり休日用の時計は別に用意したいはず。できれば自分がリラックスできるタイプがよいのですが。

スーパーコピー 安全 URL 2023年12月12日(火)09時39分 編集・削除

みなさん、高級ブランドの製品を手に入れる魅力を感じたことはありませんか?でも、正規のブランド品は高価で、予算に合わないこともありますよね。

毎日でも履きたい 2023年12月25日(月)16時49分 編集・削除

アラフィーのおしゃれになじむスニーカーを厳選してご紹介。スポーティやカジュアルになりすぎることなく、履き心地のラクな足もとで、お出かけをもっと快適に!

HACOPYの年末年 URL 2024年01月27日(土)13時26分 編集・削除

の年末年始の特別なイベント2023-24が幕を開けます!

スーパーコピー歴史 URL 2024年02月21日(水)09時34分 編集・削除

スーパーコピーとは、本物と見分けがつかないほど精巧に作られた偽物のことです。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー